脂肪は落としたいけど有酸素運動は苦手💧

という方のためのダイエット方法を、今回は解説します。

自宅でもトレーニングジムでもできる、「筋トレで脂肪を落としていく方法」です。

筋トレとは?

ざっくりシンプルにいうと、筋肉を意図的に動かす運動 が「筋トレ」です。

「筋肉を ”伸ばして ⇔ 縮めて”」を何度も繰り返します。

「筋トレ」と聞くと、筋肉を増やす、ムキムキになるなどのイメージが強いかと思いますが、

お尻など たるんだ筋肉を ”キュッ” と引き締める効果もあります。

ムキムキ引き締め、同じ「筋トレ」をしていても結果が異なるのは、筋トレのやり方が違う からです。

筋トレで「脂肪を落としていく」ためには、さらにまた別の方法で行います。

筋トレで脂肪が燃えるしくみ

キーワードは「ぽかぽか」

筋トレで脂肪を落とすためには、身体を「ぽかぽか」させる ということが重要です。

この「ぽかぽか」している状態の時に、「脂肪」がエネルギー源として活躍 します。

脂肪燃焼のタイミング

筋肉や身体が温まるまでには、少し時間がかかります。

しかし、一度温まると持続性が高いのも、筋トレの特徴です。

筋肉が温まり始めた 運動中から、ぽかぽかが無くなる 運動後しばらくの間まで、長いタイミングで脂肪が積極的に燃え続けます。

ぽかぽか状態が長く続くほど、脂肪燃焼も増える、というわけです。

もちろん、持続時間については、トレーニング内容・状況によって大きく異なります。

軽い筋トレであれば、持続時間は5~10分程度かもしれません、

筋トレでしっかり全身を温めることができれば、4~5時間持続することも可能です。

「炭」を燃やす時の状況とよく似ていますね。
炭は火がつくまで時間がかかるけど、一度火がつくと長く持続しますね!

筋トレで脂肪を落とす方法

3つのポイント

筋トレで脂肪を落としていくためには

「身体を効率良くぽかぽかさせること」です。

その状態をつくるためのポイントは3つ

  動作は「ゆっくり 大きく 丁寧に」

  繰り返す回数は「多め」

  インターバル(運動間の休憩)は「短く」

です。

筋肉は、「伸 ⇔ 縮」をできるだけ大きく丁寧に、そして 数多く繰り返すと温まりやすくなります。

回数の目安は、「15~30回」×「2~4セット」

また、インターバルは短くすることで、温まった筋肉を維持することができます。目安は「30秒」程度

重さ(負荷)は?

「負荷」については、先ほどの3つのポイントが 実行できる重量 を選びます。

もし、動きがだんだん小さくなる、反動をつけないと動作できない、回数がこなせない、インターバルがもっと必要・・・

ということであれば、負荷は軽くしましょう。

ご自宅で行う場合などは、ペットボトルやバッグなどを活用することで負荷をかけることができます。

また、何も持たなくても、ご自身の重さ(体重、腕の重さ、脚の重さ など)を ”負荷" として利用できます。

負荷が足りない、という場合は

「回数を増やす」ことで対応可能です。

何も持たずに腕の曲げ伸ばしを繰り返す・・・という運動でも、50回ほど続けると力こぶ💪のあたりが暖かく感じてくるでしょう。

※本文は「ダイエットのしくみが大まかにイメージできる」ことを目的としており、正確性に欠ける表現がございます。